第6回(7月7日)のオンエア曲。「お気楽タイポップス☆ナイト」

サワディーカーーーーップ! こんばんは、DJ FUKUです。
最近は訳が分からないほど忙しくてパブに行く暇どころか、ブログを更新する暇すらありません。一年でいちばん大きな仕事が終わった直後だというのに、いったいなんなんでしょう。この忙しさは?
まぁ、その理由のひとつがコレ=5月から始めたラジオDJなのは分かりきってるんですけどね。
毎週1回1時間のみ、しかも曲やCMの部分を抜かすと喋ってるのは実質35分くらいなんですけど、そこに情報を盛り込んでいくのがけっこう大変です。
今週はどういうテーマにしようと考えたり、そのテーマにあった曲を探したり、曲順を考えたり、その曲の意味やアーティストのプロフィールを調べたり……と、結局1回あたり最短で4時間くらい準備に時間がかかってしまっています。
いまは元から持ってた知識でなんとなく回せていますが、これを1年中続けてくと思うと……けっこう厳しそう。もっと楽に作れる方法を考えないといけませんねぇ。解説をもっとテキトーにするとか。
おとといDJ仲間の人と話してて「ゲストがいると間が持つから楽だ」なんて話も聞いたので、ゲストを入れて2人で喋りながらやっていくとかもいいのかも。
そうなったらなったで「ゲストとの交渉・手配能力」「アドリブでトークする能力」など別の能力が必要になってくるので大変そうですが……。
さて、先週7月7日の「お気楽タイポップス☆ナイト」(毎週月曜夜8時、FM93.75MHz)で紹介した曲を紹介します。なんだかんだで2週間も遅れてしまいましたが、勘弁してください。
まずは「話題のこの曲」! ということで、今回はBoydPodの新曲「ルアンジン」(本当のこと)を紹介しました。
1曲目 Boyd Pod「ルアンジン」(本当のこと)

CanonのCMソングに使われてる曲ですね。この曲聴いて、次のデジカメはCanonがいいかも? と思った僕はかなり影響受けやすいです。
(続きは長くなるので別ページにしました。「続きを読む」をクリックしてください)
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング




2曲目以降は毎週違ったテーマに沿ってお届けしています。
今週は「7月7日放送」ってことで「7」をテーマにしてみました。
2曲目 Seven「クワームラック・タン・チェット」(7種類の愛)

タイ最大手のレコード会社GMMグラミーが2000年にやった、当時最も人気のあった女性歌手7人を勢揃いさせよう、というコンセプトの企画モノ。
マーシャ、ナット・ミリア、マイ・ジャルンプラなど、ソロでも大きなコンサートが開けるような人たちが集まった夢のグループです。
3曲目 ジェー・ジェッタリン「サワン・チャン・チェット」(7番目の天国)

タイのダンスポップの帝王こと、ジェー・ジェッタリンの最近のヒット曲。
「サワン・チャン・チェット」は7番目の天国という意味なんですけど、これは、もともとユダヤ人の考えた天国が7つの階層に分かれているそうで、その最上階ということで「幸福の絶頂」という比喩、暗喩で「セックスのエクスタシー」を歌ったことになります。
ジェーが「オレは7階が大好きだ!」とか合いの手を入れる女の子が「お兄さん、もう一回上らせて!」なんて歌ってたり。まぁエロエロな歌詞なわけですね。
4曲目 7th Scene「ターム・ジンジン」(本気で尋ねる) 試聴
この曲を歌っている7th Sceneというバンドは、タイの東大・チュラロンコン大学建築学科の学生3人が結成したバンドで主にインディーズで活動しています。ボーカルの声がかなりいい、ってことで、今回の冒頭で紹介したBoyd Kosiyapongのアルバムに参加したりしています。
5曲目 Y Not 7「コープジャイ・ジンジン」(マジでありがとう) 試聴
この曲については前に書いたことがあります。こちらを参照。
ちなみに、この収録のために調べてみたんですが、この「Y Not 7」って、1994年にデビューした時、デビューアルバムがなんと100万枚売れたという伝説のバンドらしいです。最近復刻版が出たのでさっそく買ってみたんですが、なかなかいいです。
6曲目 Lanna Commins「ナ・ナ」(ねぇ)

7に引っ掛けて「ナ・ナ」でした~。まぁダジャレですな。
曲の内容も遠く離れてしまった恋人への気持ちを歌ったものなので、7月7日=七夕にふさわしい選曲かも?
歌詞の意味は「テムテムな歌」さんに載っています。
7曲目 Acappella 7「タンタンティー・ルー」

Acappella 7の最近のヒット曲です。
このグループ、アカペラでデビューしたもの、タイではアカペラが全然受けず、しょうがないのでアカペラでやるようなさわやかまったり系の曲をやるようになった、というちょっと切ないいきさつのあるグループです。
っていうか、いま初めてちゃんとMV観たんですが、すごい内容ですね。結婚式ぶち壊し。わざわざそんなタイミングで言わなくてもいいのに……。
8曲目 No More Belts All Star「SEVEN DAYS」 試聴
インディーズ・レーベルの「No More Belts」が昨年出したコンピレーション・アルバムに収録されている曲。FridayやSleeper 1が所属してるところです。
「日曜日から土曜日までをテーマにした曲をそれぞれの所属アーティストが作って、で、最後に勢揃いして歌おう」みたいなコンセプトで、さわやかかつにぎやかな曲に仕上がっています。
しかし、こういう変り種のテーマを考えたせいで、かなり選曲が大変でした……。もっと楽に流せるようにならないと……。