6月18日の猟盤日記。

Messed Upさてさて、昨日の夕方に旅行から帰ってきたわけですが、
その足で何をしたかっていうと、サイアムのCDショップに行ってきました。……って、またかよ!
ま、「サイアム系で行こう」なんて、
わけのわかんないタイトルを付けてるくらいですから、当然行くわけですよ。
ヒマがあったらサイアムへ! ヒマがなくてもサイアムへ!
いや、一応「友達の誕生日プレゼントを買う」という立派な用があったんですけど、
当然のようにCDショップもうろうろしちゃうわけですよ。
もう中毒患者ですね。それも末期の。
今回はサイアムセンターにあったCD WAREHOUSEが
先月末からサイアムディスカバリー5階に移転してるのでのぞいてきました。
……なんか、移転したから店舗的には新しくなってるはずなのに、
内装のダメさはサイアムセンターの時と一緒です。
試聴機が二分の一以上の確率で壊れてるのも一緒です。
まぁ、棚とか全部サイアムセンター店のを持ってきたから、
当然といえば当然なんですが。っていうか、いい加減直せよ!
で、品揃えのほうですが、
なんか、異様に中古CDの棚が増えてますよ! もう、恐ろしいくらいに中古CDだらけ。
棚の面積にして、たぶんサイアムセンター店の4倍くらい。
なにがあったんでしょう??
しかも、ぜんぜん整理できてなくって、J-POPの棚が3カ所くらいに分散されてたり、
洋楽とタイポップスがシャッフルされてたりと、混沌を極めてます。
たぶん、このチェーン店が色んなところで抱えてる在庫を持ってきたのではないでしょうか。
新品CDのほうも、Bakery Musicのちょっと珍しい人のアルバムとか売ってますね。たぶん倉庫の奥のほうに眠ってたのが発見されたとか、そんな感じで。NADIAとかNIECEの2ndとか、ほかではありえない枚数が棚に並んでました。
グラミーのおしゃれポップスGallery of Loveシリーズも今なら1~3がすべて揃います。いいですね。
そんなわけで、今日買ったのはこの1枚です。
っていうか、また前置きながっ。
なんで別ページに分けます。「続きを読む」をクリックしてね。
人気blogランキングに参加中。応援の1クリックをお願いします!
にほんブログ村 音楽ブログへ


6月18日の購入記録
・Various Artist「MESSED UP」
はるか2カ月前にBakery MusicのHPで告知されていたコンピレーション・アルバムです。(写真)
やっと出たので即座に買いました。
僕もかなり欲しくて、さっそくブログで書いてたんですけど、
それがこの週末にようやく発売されてました。
告知から1カ月半以上経って発売されるなんて、タイでは珍しいですね。
僕は希望も込めて「ガールズバンドによるBakery Musicの名曲カバー」なんて予想してたんですけど、まったく違いました。
ジャケットに書いてる説明文をそのまま引用すると
「日本とタイのロックバンドを集めたコンピレーションアルバム」だそうです。
日本だからセーラー服なわけです。
納得だけど、当たり前すぎの発想なんじゃないか、それは。
もうちょいヒネリが欲しかったね。
レコード会社Sony BMG所属のアーティスト(Bakery MusicとBlack Sheep、それ以外)によるロックの名曲11曲と
日本で最近ヒットしたロック4曲の計15曲が収録されてます。
ちなみに入っている日本の曲は、
Orange Rangeの「*-asterisk」
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Loop & Loop」
SUPERCARの「Yumegiwa Last Boy」
RIZEの「Dream Catcher」
最初の二曲はCD持ってるので、個人的にはありがたみが薄いコンピです。
ちなみに、ジャケットとか歌詞カードにペタペタ修正シールが貼ってあるんですけど、
それを透かしてみると、LArc-en-Cielの曲も当初は入る予定だったっぽいです。
(発売が遅かったのはこの辺に事情があるのかも? 憶測ですが)
さっそく聴きましたけど、「なんだかなぁ」というのが第一印象です。
売れてるアーティストのアルバムから適当に曲を15曲持ってきて
1枚に入れただけのような気がします。
それぞれの曲が入ったアルバムを持っている人(=僕)から見たら、
自分のパソコンで選曲して1枚にまとめても同じなんじゃないかと。
いや、1曲1曲はいい曲ばかりなんですよ。
でもなぁ~。Sony BMGの傘下に入る前のBakery Musicって、
コンピ1枚作るにも、もうちょっと工夫してたような気がするんですよね。
コンピ・バージョンにアレンジしたりとか。
コンセプトの立て方を一ひねりするとか。
それぞれの曲の入ったアルバムをすでに持ってる人でも欲しくなるような工夫が。
それが、これにはあんまり感じられなかったのが残念ですねぇ。