年月は人格をも熟成させる……のか? その2

BeZeen 01BeZeen 02
とまぁ、そんなわけで心を鬼にして連絡を取っていた耳さんだけれど、先日ちょっとしたことから連絡を取るようになっていた。
「ちょっとしたこと」ってのは電話の掛け間違えなんだけどね。
でまぁ、久しぶりって話すうちにメアドを交換してMSNで話すようになったり、時々電話で昔みたいなバカ話に興じてみたり。3年半もブランクがあったとは思えないくらい、昔とノリが一緒だった。いや、僕がタイ語上達している分、さらに楽しくなっているかも!?
そうこうしているうちに向こうから食事のお誘いが。
僕的には最近忙しいし、会ってまた前みたいなダメな感じを目の当たりにするのもイヤだったので、社交辞令で「じゃ、今度暇な時にね」なんて答えていたんだけど、
耳「明日はどう?」
僕「いや、平日だし無理」
耳「じゃあ明後日は?」
僕「耳さん、カレンダー読めないの? 明日も平日じゃん! まったく、これだからニートは……」
耳「fukuのいじわる! じゃあいつなら空いてるのさ!?」

ってな感じでかなり会いたそうな様子。なので、先週の日曜日に会ってみることにしたわけだ。もちろん、ちょっとでもダメな感じになったら帰るつもりで。
で、当日。久々に会った耳さんは相変わらず可愛かった。
SKⅡによるとタイは日本より紫外線がきついので、肌年齢の老化速度は日本の3倍といわれている。
つまり、3年3カ月ぶりに会うなら、肌に関しては10年分荒れていて当然なんだけれど、パッと見は以前とほとんど変わらない。
さすが元ニート、日中外に出ない生活を長年送ってきただけはあるなぁ(今も半ニートだけど)。
でも重力と年月には逆らえないのか、体型については以前のようなシャープさはなくなっているなぁ。
……って、久々に会って一体何を観察してるんだ。
そんなわけでJアベニューで適当に飯を食ってから、昔どおり飲みに行ったわけだけど、この間驚いたことがたくさんあった。パッと見は変らなかったけど、中身はかなり成長したようだ。
・まず、「自分で行き先を提案できるようになっている!」
これは素晴らしい進歩だ。
昔は「晩御飯、どこで食べようか?」と聞いても「わかんなーい。なんでもいーよ」という答えがデフォルトにセッティングされていた。しかも、「じゃあ○○で食べよう!」と提案しても「え~、あそこの料理ってカロリー高いじゃん」「じゃあ△△は?」「そこは遠いからダメ」「せめて何料理が食べたいかでも決めようよ」「なんでもいいよ~」とか、自分は何も決定しないくせに必ず提案にケチを付けてくる「アートな女」だったのだ。
実は去年も耳さんから「遊びに行こう」と連絡が来てたんだけど、この「わかんなーい」病が再発していたため会うのを止めたことがあった。今回はその経験を踏まえて、どの辺で食事して、その後どこに行くのかまで考えてきたと思われる。
でも、自分でどうしたいかを考えて、提案できるようになったのは大きな進歩といえるだろう。
(ってこの書き方、むちゃくちゃ「上から目線」ですね。読んでてムカついたらすんません。でも一応彼女の「兄」なので、これくらいは許してください)
・しかも「新しいお店情報を提供してくれる」。
これは僕の職業柄とってもありがたい。耳さんはドラクエⅢ風にいうと「職業・遊び人」(バニー姿も確実に似合う)なので、レストランにパブ、エステなど色んな場所を知っているのだ。それを僕の仕事に役立つように、とかなり積極的に提供してくれるようになった。
勘違いのないようにいっておくと「自分に役立つ人間になっていた」のがうれしいのではなく、少しでも仕事の助けになれればと思って情報を積極的に出す、という心遣いができる人になっていたのがうれしいのだ。
・会計時にはすすんで割り勘にしようとしていた
これも素晴らしい進歩だ。昔は、僕といるときは指一本たりとも財布に触れようとすらしなかったのに……(たしか初めて会ったときでもそうだった)。
結局僕がオゴったわけだけど、「いくら? 半分出すよ」「いいから、いいから」「でも、それは悪いよ……」「いいって、高くないし」「それなら……ありがとう!」といった大人のやり取り(?)ができる人になってたのには感動した。
・慎み深くなっていた。
2人で飲んだ後はみんなの待つソンサルンに向かったんだけど、そこで信じられない光景が展開された。
みんなに紹介するも、遠慮してみんなの輪の外で静かに飲もうとしてるのだ。
昔なら、知らないメンバーのところに混じっても唯我独尊状態。目をつぶって一人の世界で踊りまくって楽しむ人だったのに。
いつの間にこんなに慎み深い人間になっていたのか……。
これが、今回会ってみて感じたいちばんの変化だった。
っていうか、人見知りしてもじもじしてる耳さん、むちゃくちゃカワイイんですけど!!!!
とまぁ、3年3カ月における「成長」はこんな感じだった。
成長といっても、JOJO風に言うとE(超ニガテ)がD(ニガテ)になったくらいの変化なんだけど、前に比べるとかなり大人になっていた。年月は人格を熟成させるのだなぁ、というコトを耳さんに感じさせられた1日だった。
ってことは、自分もちょっとは大人らしくなっているんだろうか?
でもって、その後どうしたかというと、耳さんがあくまでも輪から外れて飲もうとするので、僕は耳さんが退屈しないように(輪に背を向ける形で)話しかけたり、酔い出した耳さんと手を取り合って踊ったり……。
この日の耳さんは人見知りが激しく、僕が付きっ切りでケアしなければならず、一緒に行ってただれともほとんど話せかった。
しかも結果的に「みんなで来てるのに、周りを無視して2人だけでイチャつくKYカップル」みたいな状態になってしまった。一緒に行ったみなさん、感じ悪くてホントごめんなさい。
で、酔っ払った後の耳さん。
相当楽しかったのか、感極まって「fukuは世界一のお兄さんだ~~!」と叫んできたり、しきりに人の腹とほっぺたをつねってきたり。さらに一緒にトイレに行って帰る途中には後ろから肩に手を乗っけてくるなど、3年3カ月というブランクは一瞬で消えて、なんだか昔より近づいた感じになってました。
まぁ、相対評価で前より良くなったとはいえ、絶対評価ではまだダメ人間である可能性も高いので、とりあえずまたピーノンカンってことで行こうと思います。
※写真は耳さんに教えてもらった「BeZeen」というパブ・レストラン。エカマイ-ラムイントラの高速道路沿いにある店で、大人っぽいハウスを掛けたり、ボサノバ系のバンドがあったりと、かなりいい感じでした。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング