怒涛の日本滞在一週間。

はいはいみなさま、ご無沙汰しております。
年に一度のお努め「日本参り」を無事に済ませ、一昨日の深夜にバンコクに戻ってまいりました。
いや~、それにしてもホントあっという間ですね、1週間って。
日本でも暇を見つけてブログを更新しようと思ってたのですが、実家のパソコンがかなりの年代物(なんと購入6年目。いまだにME)な上に微妙に使いづらいことをすっかり忘れていました。仕事のメールをチェックしたり、それに返信するのでいっぱいいっぱい。ブログまでは手が回りませんでした。
コメントへの返信も滞りっぱなしで……サーセン。
いちおう更新しようと思って、アルバムのジャケ写データとかは持って行ったんですけどね……。重いのを覚悟で自分のパソコンを持って行ったほうが良かったのかも。
そんなわけで、日本ではこんな感じで1週間過ごしてきました。
■2月11日 北の肉鍋を喰らう。
成田へ向かう機内では左隣に座ったおっさんが「熟睡するとガニマタになる」という奇癖の持ち主だったため、ほとんど眠れず。
どういうことかというと、
僕、眠りに入る

おっさんは熟睡

おっさん突如としてガニマタになる

勢いよく広げたヒザが僕の太ももに激突!

痛さと生暖かいおっさんの体温が気持ち悪くて目が覚める

の繰り返しです。もう最悪。
しょうがないので、『踊る大捜査線 THE MOVIE』をエンドレスで鑑賞。深津絵里かわいかった。
そんなこんなで眠くて意識が遠ざかり始めた朝7時半ごろ成田に到着。
その後は眠気と戦いながら札幌へ。要所要所で朝っぱらからビールを飲んだりグレープフルーツサワーを飲んだりして休暇気分を盛り上げつつ実家に到着。久々に見た実家は雪の中に埋もれまくっていた。
銀世界@家の近所
実家に荷物を置いてひとっ風呂浴びた後は街へGO。目的は高校時代の悪友と会って北海道名物・ジンギスカンをたらふく食うこと。
今回集まってくれた悪友たちは全部で4人。4、5年ぶりに会う友達なんかもいて、みんな社長になってたり筋金入りのニートになってたりと個性的な人生を歩んでいるんだけど、性格とか話す内容はぜんぜん変わってなくって安心した。
さてさて肝心のジンギスカン。これは「北海道名物」とか言いながら、実際は、大人になった北海道人は年に1回食えばいい方(子供は運動会などの学校行事で食う機会が多い)。
かくいう僕も6年ぶりに食べるという、ちょっとさみしい名物料理だ。
どれくらいさみしいかというと、この次に行ったキャバクラで「さっきジンギスカン食ってきたんだよ~」と言ったらお姉ちゃんに観光客扱いされるくらい(実話)さみしいのだ。
なので、この日のテーマは「もっと食おうよ、ジンギスカンを!」。食べることで自分の中で失われた愛道精神を呼び起こすのだ。
ってなわけで、選んだお店はアサヒビール園のジンギスカン専門支店。
ラム生肉食い放題に飲み放題が付いて3500円のコースなり。
ちなみに、あまり知られていないことだけれど、ジンギスカンには使う肉の種類によってランクがある。ランクは大きく分けて3段階。高い順に書くと
下味のつけてあるラム肉

ラム肉

マトン肉

という順番になる。さらにここから、肉の品質や肉が冷凍か生かでさらに細かくランクが変わっていく。そうして、このランクが違うと肉のうまさや柔らかさだけでなくて鍋全体の味付けや食べ方、合わせるタレが変わってくる。
たとえば、
下味のついたラム肉はタレが不要で、焼けばそのまま食べられる。味は甘口。焼く際に肉のタレがモヤシに移るのでモヤシも味が濃くてウマイとか、
マトン肉には辛口のタレがよく合う、とか。
北海道人がジンギスカンをするときは、実はそのときの気分に合わせてこのランクの違うジンギスカンを使い分けているのですよ。これ、豆知識な。
で、僕らが今回頼んだのは、いわば「中の上」に位置するラムの生肉。昔の僕らなら迷わずマトンだったのに……30過ぎてある程度収入ができてくると、ちょっといい物が食いたくなるんですね、人間って。
ジンギスカン@中の上
そうして僕たちは、
食って、
食って、
食って、
食って、
食って、
心行くまで食いまくったのでした。あ~うまかった!
バンコクでラム肉っていうと、欧米料理店のラムチョップ(肉少なめでひと皿500B前後)みたいな、おしゃまさんのラム肉しか会う機会がないんだけど、こうして腹いっぱいになるまでとことんラム肉と付き合うと、そのよさがわかってくるね。
なんかそれまで上辺だけで会話していたのが、今回ようやく腹を割って話し合ったって感じ?
やっぱラムはいいよ。
臭いっていう人もいるけど、あの匂いがいいんだよな。
道産子として断固ラムを支持しよう、そう思った一晩だった。
ってわけで、それ以降の日記はまた次回。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング