霧か煙か。 最近お気に入りの1曲。

すみません。今日はかなり忙しいのでプチ更新です。
最近気に入っているのが「モーク・ルー・クワン」(霧か煙か)という曲。
前回紹介した「Sanamluang Connects」でこの曲を知ったのですが、緩やかなメロディーもさることながら歌詞が面白くってすっかりハマってしまいました。
どんな意味かテキトーに要約すると、
「薄い霧と煙はとってもよく似ているから、ときどきどっちなのかわからない事がある。
だから尋ねてみたいんだ。君は霧と煙のどっちなの、って。
霧は美しくて、僕を涼しく包み込んでくれる。
でも煙なら目に入って涙を流すことになるかもしれない。
君がどっちなのか知りたい。
もし君が煙ならとっても危険なことになるから。
僕はいつでも身を引けるように、身構えて心の準備もしておかないといけない。
涙を流すようなことにはなりたくないから」
と、意中の相手を霧と煙にたとえているわけです。オリジナルはBirdのようですが、「Sanamluang Connects」でレック・スラチャイとSaliva Bastardsがカヴァーしているほか、色んなアーティストがこの曲を歌ってます。パブでも、ときどき9時~10時台のまったりタイムに流れてます。
Birdバージョン(オリジナル)

しかし昔のBirdってまるでルーおおしb(略)
レック・スラチャイ バージョン

ジーン バージョン
試聴
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへブログランキング・にほんブログ村へタイ・ブログランキング