ジャンル別バンコク夜遊びスポット解説(非エロ)

Route66 insideなんと! 今回で100件めのエントリです。
開設してまだ60日しか経ってないのに、100件。
まさか、こんなに書くことがあろうとは思いませんでした。
っていうか最初にメモっておいた「書きたいことリスト」、まだ半分も消化できてません。いつになったら書ききれることやら。
100回記念なので、何かやろうかな~と思ったのですが、
よく考えてみたら、だらだら書いてきたものが100個たまったってだけなんですよね。
なので、ちょっとだけ記念しようということで、
今回はバンコクの夜遊びスポット(非売春系)をジャンルわけしてみたいと思います。
バ~っと調べてみたんですけど、
日本で言うクラブの定義は人によっていろいろありますね。
なので、ここでは一番広義である「酒と音楽があり、そこで踊って楽しめる施設」をクラブとしておきましょう。
こう広く構えてしまうと、パッと僕が思いつくだけでもめっちゃ種類ありますよ。
ここではいちばんオーソドックスに、
設備の違いで分けてみることにしましょう。
人気blogランキングに参加中。応援の1クリックをお願いします!
にほんブログ村 音楽ブログへ


・クラブ
日本で言う狭義のクラブ。平坦な発音をするほう。
特定のジャンルの音楽をDJがかけ、それを愛好する人たちが集う。
その性質上、マニアックな音楽がかかり、やや閉鎖的な雰囲気もある。
→Bed Supper Club、Mistique、Groove Kitchen、Speed
・ナンレン系のタイパブ
椅子が低く、ソファーなどがある。基本的に飲みが主体だが、おつまみ程度に食事を頼むこともある。音楽はHIP HOPとライブ。最初は座って飲んだり会話を楽しむが、ノって来ると立ち上がって踊る。
最終的に「全員立って踊って盛り上がる」ことを目指すので、
ソファー席だけではなく、立ち席も用意されている。
→トンローやラチャダー・ソイ4。Slim、Ashley、Booze、Bangrak、Zalengなど。
・ダンスパブ
踊るためのフロアはないけれど、高いテーブル席がメインで、半ば立って軽く踊るような形になっている。
→Route66、かつてのMorgan
・ディスコ
踊るためのフロアが用意されている。椅子席もある。基本的にDJだけでライブ演奏はなし。
→ナルシサス、ルシファー、スパークス、ガルシア、エンジェル
・タイディスコ
ハリウッドに代表されるような大箱のディスコ。フロアはないけれども、お立ち台やステージに上がって踊ることができる。音楽はライブとDJが両方ある。
→Hollywood、Dance Fever
・キンレン系
いわゆるパブレストラン。郊外に多い。ライブを聞きつつ食事するスタイルだが、盛り上がってくるとDJに切り替わり、立って踊る。
→Yes! Indeedはじめカセート・ナワミン通りに多くある店。Baliもそう。タワンデーンもここに入れようか。
・Forte系(このジャンルをどう名付けていいのかわかりません、あんまり行かないし)
高級クラブ(クにアクセントが付くほう)の踊りつき版。
DJが入り、店によってはライブやショーがある。
お店にダンサーやホステスが所属していて、希望により彼女たちをテーブルに呼び、会話を楽しめる。
店内で踊るのは主にダンサーだが、興がのってくれば客も踊れる。
基本的に連れ出しのシステムはない。
中年金持ちタイ人が好むタイプの店。
→Forte、ラチャダーのClub(だっけ?)、いまはなきオービットやOnze
・ダンスカフェー系
ステージがあり、そこでダンサーが踊る。かかる音楽はルークトゥンまたはモーラム。またはそれっぽくアレンジしたタイポップス。
音楽にあわせて田舎っぽいダンサーが踊る。
基本的にお客はテーブルで食事をしたり酒を飲みつつそれを眺めるが、
興が乗ってくればステージに上がって踊ることが可能。
ただし、その際にチップなどが必要。
たぶん連れ出しのシステムもあるっぽいが、よく知らない。
客はほぼ100%地方出身者。
タイ人には「カフェー」と呼ばれる。
ただし客が踊れないカフェーも多いので、
それと区別するためにダンスカフェーにしました。僕が勝手に名付け親です。
→いまはなき「スアンイサーン」。ほかにもいっぱいあると思うのですが、なかなか行かないのでわかりません。
夜遊びに詳しい人数人にも見てもらいましたけど、
ざざっと分けるとこんな感じです。
これに、音楽のジャンルとか客層、内装や飲み方のスタイルなんかで、
細かくジャンルわけできたりもするんですが、
そこまで詳しくやってもあんまり意味がないし、
僕もそこまでは詳しくありません。
というわけで、僕が(広義の)クラブについて書くときは、
こんな感じで言葉を使い分けてますよ、というお話でした。
これを読んでちょっとでもバンコクのクラブシーンのイメージが
伝わればいいなぁと思ってます。
しかし、なんでこんなこと書くかっていうと、仕事が忙しいからですよ!
もう2週間も夜遊びにいってないからですよ!
夜遊びのことを書いて、ちょっとでも気を紛らわせたいからですよ!
シーバスの水割りとバンドが恋しいからですよ!
あの子の笑顔に会いたいからですよ!
だれの笑顔だかわかりますか? あなたですよ、あなた!
は~、早く遊びに行きてぇっす。