『スウィング・ガールズ』atバンコク。

Swing Girls
日本でかなりヒットしたというウワサの
(日本にいないのでよくわかんないです)
映画『スウィング・ガールズ』がタイにもやってくるみたいです。
先週の日曜、サイアムのリド映画館にポスターが貼ってありました。
タイ語のタイトルは『サーオ・スウィング』。そのままです。
監督は『ウォーターボーイズ』の矢口史靖。
『ウォーターボーイズ』は、僕のツボにかなりハマった作品。
すでに4回見ているのですが、そのうち2回がなぜかタイ語吹き替え版。
そんな矢口監督の新作なわけです。
めっちゃ見たかったので調べてみましたが、
公開時期、上映館ともにはっきりしません。
前に一度フリーペーパーに「4月11日公開」と載っていたのですが、延期。
タイのオフィシャルホームページもチェックして、
配給会社の人が「5月12日から公開です」って書いていたのですが、
それも延期。
映画館に問い合わせてみたところ、
今度は「6月26日。上映はEGV系列で」という返事が返ってきました。
これも疑わしいですが……。
なぜかというと、タイでは毎週木曜日に新しい映画が公開されるから。
たしか、日本だと金曜日か土曜日でしたよね?
(長い間日本で映画観てないので忘れちゃいましたが)
でも6月26日は日曜日なんですよ。
しかもEGV系列のみでの上映というのもあやしい。
ひと系列でしかやらない日本映画って、
たいていEGV併設のちっさいビデオシアターとか郊外のところでしかやらなかったり、
タイ語吹き替え版しかなかったりってパターンが非常に多いんですよ。
『ウォーターボーイズ』はタイでもかなりヒットした作品なんだし、
同じ監督の『スウィングガールズ』もどどーんと色んな映画館で公開してほしいもんです。
できればリドかハウスで日本語音声で上映してほしいですね。
だって、タイの吹き替えって、
声優の数が圧倒的に少ないせいで、声優の年齢層が高くて、
高校生なのにおじさん&おばさんの声になっちゃうんだもん……。
人気blogランキングに参加中。応援の1クリックをお願いします!
にほんブログ村 音楽ブログへ